なんでも出張買取のリサイクルショップecocolo
03-5357-8501
お問い合わせ
     
受付時間:10:00~19:00(火曜定休) 03-5357-8501

片づけて料理がもっと好きに!断捨離術【調理器具編】

断捨離という言葉はよく耳にするようになりましたが、その方法はイマイチわからないものです。ただモノを捨てるという単純なイメージがありますが、いざ片付けしようとするとスムーズに進まないことがあります。そこで、リサイクルショップを運営する不用品処分のプロによる、上手な断捨離術についてご紹介します。今回は、持っているけど出番がやって来ないものもある【調理器具編】です。ぜひ参考にしてみてください。

調理器具の上手な仕分け方

次々と話題の最新機器が登場する調理器具。流行りのものにはついつい飛び付いてしまいますよね。購入した最新の調理器具で初めは料理をしていても、気付けば棚の奥に…なんてことはないでしょうか。使いこなしていないけど、せっかく買った調理器具だからとつい閉まったままになることもあるかと思います。こうした調理器具を、上手に仕分けする方法を紹介します。

  1. 使ってみたい願望だけの調理器具は処分を考える
  2. 新しいものを買ったら古い調理器具は処分する
  3. いつか使うだろうという思い込みを捨てる

便利な調理器具で凝った料理を作りたいという気持ちは大切です。しかし、その気持ちが願望だけで終わってしまうのであれば、宝の持ち腐れです。ましてや、同じ調理器具で古いものと新しいものを持っていたら、収納場所にいつか限界が来てしまいます。捨て方が分からない場合も処分を先延ばしにすることなく、適切な処分方法を調べ、その都度捨てていきましょう。

【制限時間20分】調理器具を片付けよう

片づける場所を1つに絞る

目に付いた場所をむやみやたらに断捨離しようとすると、それだけで1日が終わってしまいます。今回は調理器具の収納だけと決め、片付ける場所を限定しましょう!

キッチン周りにある調理器具を並べる

すべての調理器具を並べることで、必要かどうかを客観的に判断できます。また、同じ種類の調理器具を持っていることにも気付き、自分に合った、使いやすい器具を残すことができます。

しばらくの間使っていない器具は処分する

並べた器具の中に、長く使っていないものがあれば思い切って捨てましょう。例えば「1年以上」使っていなければと、不使用の期限を設定すると判断しやすいです。使用感が少なくニーズのありそうな調理器具であれば、フリマアプリやリサイクルショップを利用して買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。

我慢して使っている器具の買い替えを検討する

日常的に使っている調理器具の中にも、いまいち使いにくいものもあるでしょう。その場合は我慢することなく捨てて、自分に合った商品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。同じ調理器具であっても、例えばもっと便利でコンパクトなものがあれば、料理が楽しくなり収納場所もスッキリします。

調理器具の断捨離がもたらす効果

調理器具の断捨離には、収納棚の片付けに加えたプラスの要素があります。最先端の調理器具であっても使いこなせなければ意味がありません。反対に、自分に合った使いやすいものだけを持っていれば、料理がもっと楽しくはかどるはずです。凝った料理を作ってみたいと理想を追い求めることも大事ですが、無理なく美味しい料理を作ることも同時に大切です。断捨離は、等身大の自分を受け入れるきっかけを与えてくれるのです。