なんでも出張買取のリサイクルショップecocolo
03-5357-8501
お問い合わせ
     
受付時間:10:00~19:00(火曜定休) 03-5357-8501

ヴィンテージ家具の買取

ecocoloはなんでも出張買取だから、ヴィンテージ家具の種類を問わず買取しています。他社では取り扱いの少ない一点物のヴィンテージ家具買取も積極的に行っています!他社では買取を断られたものでもecocoloでは買取できる事例が多いので是非ご相談ください。

ヴィンテージ家具の買取ならどこよりも高価買取のecocolo

ヴィンテージ家具は、独特な味わいを楽しめるものとして人気の家具です。ヴィンテージ家具というと、アンティークほど古くない、造られてから100年以内の品質の良い中古家具を指しますが、時代が新し過ぎる物はヴィンテージとは呼びません。おおよそ造られて30~100年のものがヴィンテージと呼ばれています。そんなヴィンテージ家具ですが、中古・リサイクル市場でも活発に取り引きが行われています。リサイクルショップ ecocoloでは、ヴィンテージ家具をどこよりも高価買取することができます。

ヴィンテージ家具は長く愛着を持って使用するお客様が多いことから、なかなかスムーズな販売サイクルを作りにくく、多くのリサイクルショップでは買取不可であったり、有料引き取りである場合が多い品目になっています。

しかしecocoloが高価買取できる理由は、販売市場の拡大によって早い販売サイクルを実現できているというところにあります。ecocolo独自の流通システムで販売市場は海外にまで及ぶことから、国内で需要の低い商品も高価買取が可能です。

そして、お客様に安心してecocoloをご利用いただくために、お電話でお問い合わせいただいた際には、大手買取サイトを一緒に見ながら買取相場をご確認いただき、その金額より高い金額を提示するという方法を採用しているので絶対にお客様に損はさせません!

ecocoloがどこよりも高価買取となんでも買取をお客様に提供できるようになった理由は単独ページにて記載してありますので興味のある方は是非ご覧ください。

まずはお気軽にご相談ください

北欧ヴィンテージ家具

北欧とはアイスランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランドの5ヵ国を指すのが一般的です。一方で、北欧ヴィンテージ家具という言葉を使うとき、デンマークとスカンジナビア半島の3国を合わせた4ヵ国を指す場合もあるようです。各国ある中でも取り扱いが多いのはデンマーク。中古ヴィンテージ家具の中にもデンマーク人デザイナーの商品が多く見かけられ、高価買取実績が沢山あります。

伝統的な家具が生まれた気候条件

北欧家具が持つデザイン性は、当時、建築家たちが中心となって魅力を高めたと言われています。北欧という場所は、冬の日照時間が短く、室内で過ごす時間が長いことが特徴です。そのことから、北欧の建築家たちは、建物だけでなく室内のインテリアにもこだわりを持っていました。

北欧ヴィンテージ家具の時代背景

1910年~30年代の当時、ドイツにある美術学校の合理主義的デザインに北欧も影響を受け、モダン設計のために海外から材料を輸入していましたが、戦争の影響によって輸入が困難になりました。そこで、北欧の建築家たちは自国の森林資源の有効活用に着目。手工芸を重視し、独自の特色を生かしつつも耐久性、デザイン性に優れた家具が誕生しました。

北欧ヴィンテージ家具の有名デザイナー

アルヴァ・アアルト(フィンランド) 代表作:「スツール60」

フィンランドが生んだ20世紀を代表する世界的な建築家、都市計画家、デザイナー。
その活動は建築から家具、ガラス食器などの日用品のデザイン、絵画までと多岐にわたる。

ウィキペディア

アルネ・ヤコブセン(デンマーク) 代表作:アント、エッグ、スワンなどの椅子

デンマークの建築家、デザイナー。ユダヤ人であり、モダン様式の代表的な人物の一人である。

ウィキペディア

ボーエ・モーエンセン(デンマーク) 代表作:シェーカーチェア「J39」

デンマークの家具デザイナー。アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共に
デンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物である。

ウィキペディア

ハンス・J・ウェグナー(デンマーク) 代表作:「GE258」 デイベッド

デンマークの家具デザイナー。生涯で500種類以上の椅子をデザインし、
20世紀の北欧デザイン界に多大な影響を与えた。
その椅子はニューヨーク近代美術館をはじめ多くでコレクションされている。

ウィキペディア

イギリスヴィンテージ家具

北欧家具と似たような雰囲気を持つイギリスヴィンテージ家具は、シンプルながらも個性が光る、ユニークなデザインが魅力です。同じような家具でも、よく注目してみると、機能性の違いや色々なデザインを楽しむことができます。また、北欧ヴィンテージ家具よりもイギリスヴィンテージ家具のほうが日本における流通数が多く、良心的な価格設定であることも嬉しいポイント。中古家具の市場においても、北欧とならんで数多くのヴィンテージ家具が取り引きされています。

イギリスヴィンテージ家具の歴史

遡ること1951年。第二次世界大戦の傷跡がまだ残るロンドンにて、当時で言う「スカンジナビアデザイン」が登場しました。ロンドンの老舗家具店で開かれた、北欧家具を集めた展示会がきっかけとなり注目を浴びるようになったのです。軽くて丈夫で無駄がなく、美しさと実用性を兼ね備えた北欧家具は、イギリスの人々の心を掴んだのでした。

イギリスが持つ製造技術と、北欧のデザインが融合

今から約60年前のイギリスで、北欧出身のデザイナーたちが生み出したシンプルでスタイリッシュで革新的なデザインが大きなトレンドとなりました。もともとイギリスが持ち合わせていた高度な製造技術、それに北欧のデザインを融合させて生まれたのが、イギリスヴィンテージ家具だと考えられます。

イギリスヴィンテージ・有名な家具ブランド

G-PLAN(ジープラン/1952年~)

1952年に家具メーカーE.Gomme社が発表したブランド。1960年代に、デンマーク人デザイナーの手によって誕生した北欧テイストの家具は、英国古来の家具職人の技術力に後押しされ世界中で大流行。この年代に発表されたシリーズは、最近でも、ヴィンテージ家具としてイギリス国内をはじめ、アメリカ、オーストラリアなどの欧米諸国でも広く人気を集めています。

ERCOL(アーコール/1920年~)

1920年にイタリア移民のルシアン・アーコラーニーが一代で築き上げた、イギリスを代表する老舗家具メーカー。アーコール特有の繊細なラインは、総無垢の家具でありながらもナチュラルで軽やかなデザインを実現。構造面でも工夫が盛り込まれ、手直しを加えながら何世代にも渡って使える実用的な家具です。

AH McIntosh(マッキントッシュ/1869年~)

アレキサンダー・ヘンリー・マッキントッシュによって設立されたスコットランドの家具ブランド。現在、世界中にコレクターが存在するマッキントッシュ家具の原点です。そのスタイリッシュなデザインと素材、造りの良さは、現在のイギリスでも非常に高く評価され、ジープランを超えて熱望されるビンテージ家具メーカーでもあります。

NATHAN FURNITURE(ネイサン ファニチャー/1916年~

ロシア生まれのバーネット・ネイサンが、イーストロンドンで手作りの家具を販売したことが始まり。1952年に息子達がビジネスに加わったことで成長が加速しました。1963年には、当時最もニーズのあった北欧デザインの家具作りに専念。シンプルでエレガント、実用性と品質の高さを兼ね備えた家具を多く生み出しました。現在でも当時の伝統を守って製造を続けている、数少ないメーカーの一つです。

JENTIQUE FURNITURE(ジェンティーク/1930年代~)

有名なおもちゃ職人であったご主人とその奥さんが夫妻で創業した家具メーカー。どこか愛嬌のあるデザイン、フェミニンな優しさを感じるデザインなど、異色な経歴をもつジェンティークならではの特徴があります。ブリティッシュビンテージモダン家具として、イギリス国内や欧米諸国でその魅力が高く評価されています。

A YOUNGER Ltd.(ヤンガーファ二チャー/1950年代~)

1950年~60年代にかけて裕福な層をターゲットに、小ロットの家具を一流の職人達につくらせ、限られた特別な人たちだけが手にいれることのできる最高級の家具を生み出してきました。当時、誰よりも早く北欧デザインを取り入れたのもヤンガーファニチャーです。常に近代的で洗練された家具づくりのパイオニアとして、現在でも隠れたコレクターの多いメーカーです。

アメリカヴィンテージ家具

男っぽい雰囲気で人気の高いアメリカヴィンテージ家具。USAヴィンテージ家具と呼ばれることもあります。ジャンク系ヴィンテージはアメリカ家具の代表的なジャンルの1つで、少しダメージが入ったような荒い雰囲気が人気の理由です。対照的にシンプルな佇まいなデザインがあることも、アメリカヴィンテージ家具の特徴です。日本でも人気の高いアメリカのヴィンテージ家具ですが、リサイクルショップへの買取希望も数多く見られます。

アメリカヴィンテージ家具の歴史

家具の黄金期とも言われる1940年代に生まれた「曲線技術」。第二次世界大戦において戦勝国となったアメリカは、世界経済の半分を占める程に発展し、技術力は群を抜いていました。そんなアメリカの軍需産業で生まれた新しい製造技術が広まり、デザイナーたちが家具などに応用していきました。特にプライウッドが可能にした「曲線技術」は、家具デザインの歴史を大きく変えることになったのです。

アメリカで誕生した「ミッドセンチュリー家具」

ミッドセンチュリーを直訳すると「世紀の中間」という意味になります。インテリア業界では、1940年~1960年代にデザインされた家具やインテリアなどのことを指す言葉として使われています。ミッドセンチュリーデザインの特徴は、開放感ある時代を表すようなポップなカラーや曲線を多用したデザインなどです。日本にある身近なメーカー「カリモク60」も1960年代に、ミッドセンチュリーデザインを取り入れたと言われています。

アメリカ家具を牽引した代表メーカーとデザイナー

Hermanmiller(ハーマンミラー社)

家庭向け家具の小さな会社としてスタートしたハーマンミラーは、「問題を解決するためのデザイン」という理念のもと、家庭・オフィスの両方を対象としたコンテンポラリーデザイン家具のリーディングカンパニーとして成長を遂げました。ミッドセンチュリー期にあたる1950年代は、当時活躍していたデザイナーたちと手を組み、世界的に有名なモダンデザイン家具メーカーとして世界中にその名をとどろかせました。

Charles&Ray Eames(チャールズ&レイ イームズ)

チャールズはワシント大学建築科で学んだ後、1940年に、アーティストの道を歩んでいたレイと出会い1941年に結婚。そこから、チャールズ&レイ・イームズの活動が始まります。1950年代に入り、イームズ夫妻は現代にも通じる画期的で斬新な多くの家具をデザインしていきます。そして1960年~70年代には、モダンデザインのパイオニアとして活躍。数々の作品を世に送り出し、ミッドセンチュリー期を代表するデザイナー夫妻と評されるようになりました。

George Nelson(ジョージ・ネルソン)

1945年、システムファニチャーの先駆けともなったストレージウォールが雑誌で紹介され、それを目にしたハーマンミラーの創業者D.J. デプリーがデザインディレクターのポストで彼を口説いた。その後、25年間に渡って数々の名作を生み出していきました。また、当時まだ無名だったイームズ夫妻の才能に目を付けてハーマンミラー社のデザイナーとして推薦したり、イサム・ノグチ、アレキサンダー・ジラードらを同社に招いたりして、ハーマンミラー社を一躍世界的な家具メーカーへと成長させました。

Alexander Girard(アレキサンダー・ジラード)

デトロイトにてインテリアデザイナーとして活躍後、1952年にハーマンミラー社のテキスタイル部門・初代デザインディレクターに就任。数多くの名作テキスタイルを世に生み出しました。ハーマンミラーでは、自分自身を表現する自由を得たことで、原色と簡潔な幾何学模様、そしてユーモラスなタッチを駆使してデザインに喜びとおおらかさを注ぎました。

ヴィンテージソファの買取について

ヴィンテージ家具といえどもソファは使用感が出やすい家具の代表例です。へたり、汚れ、痛みはお子様のいる家庭では特に出やすく、状態によって買取価格が上下します。一方で、ソファはほとんどの人が中古品に抵抗感が少なく比較的サイズが大きい部類の家具でありながらも販売サイクルの早い商品になっています。特にニーズの高い人気のヴィンテージソファであれば、あえて中古品の中から探す人もいます。そのような場合、高価買取も期待しやすくなります。

ソファを高く売るポイントは状態の良さ・素材へのこだわり

ソファはヴィンテージであっても状態の良さで買取価格が左右します。布地であれば食べ物や飲み物の汚れはシミ抜きをする、カバーがあるようであれば洗濯することで元のきれいな状態に戻ります。

ヴィンテージソファの中には、木製フレームにクッションが付いた作りのものもあります。木製フレームは、素材や装飾へのこだわりが強いものほど高く買取できます。家具が作られた年代・デザイナーによって変わりますが、例えば高級木材が使われていたり、美しい彫刻などがされていたりすると高価買取の可能性があります。クッションは、ゴージャスに仕上げられている方が高価買取につながりやすいケースもあります。

ヴィンテージソファはまた、そのまま使えるほど状態の良いものだと高く買取できます。木製フレームは、買取後のメンテナンスに手間と時間が掛かることから、欠損しているなど大きなダメージがあると買取価格が下落します。しかしながら、ヴィンテージ家具は細かい傷や汚れなどがあることが一般的なので、劣化具合を伝えて相談してみることをおすすめします。

また、他社でよくあるような臭いで買取価格が下がるようなことは当社にはありませんのでご安心ください。

  • 出来る限り汚れは除去する
  • 素材や装飾へのこだわり、年式やデザイナーに注目する
  • 劣化していても先ずは相談してみる

ヴィンテージテーブルの買取

ヴィンテージテーブルは、ソファに比べてヴィンテージ家具の中では比較的に安価で購入することができます。特にヴィンテージテーブルの場合、中古家具の中からお探しになるお客様も多いため、ヴィンテージ品のテーブルは販売サイクルも早く高価買取が見込めます。ヴィンテージテーブルにも幅広い種類がありますが、ダイニングテーブルはニーズが高いことから買取価格に期待が持てます。

テーブルを高く売るポイントはデザイン・美しさ

ヴィンテージテーブルは、使用感よりもデザインの美しさであったり、デザイン性の高さを重視します。特に、希少な高級木材が使われているテーブルは普遍的に需要があるため、高価買取が可能となります。テーブルの場合は、品物の状態よりも人気のあるデザインかどうか、素材の良し悪しが重視されます。

  • テーブルはデザイン性の高さが査定ポイント
  • 使われている素材の希少性にも注目
  • デザインや素材について判断が付かない場合は、リサイクルショップに確認する

ヴィンテージチェアの買取

ヴィンテージ品の中でも人気の高いヴィンテージチェアは、中古品でも抵抗なく購入されるお客様も多いため、販売サイクルも早く高価買取が見込めます。ヴィンテージチェアの中にも色々な種類がありますが、特にダイニングチェアは需要が高いことから買取価格に期待が持てます。中でも、座面がクッション性のもの、木製フレームに飾りが施された商品は高価買取が可能となります。

ヴィンテージチェアを高く売るポイント

ヴィンテージチェアの座面は、リサイクルショップなどで再販する前段階で丁寧に修理することが基本です。そのため、座面が劣化していたとしても、買取査定にさほど影響しません。また木製フレームは、激しい欠損など大きなダメージ以外は、特に問題ありません。

  • ダイニングチェアは特に高価買取の期待が持てる
  • 座面やフレームの欠損に注目
  • 商品価値の判断が付かない場合、まずは電話してみる

ヴィンテージ家具は高価買取中

ecocoloはこれまでに、ヴィンテージ家具をどこよりも高価買取しています。「見た感じは古いけど買い取ってくれるのかな?」「デザイナーが分からないヴィンテージ家具だけど大丈夫かな?」と心配に思っているお客様も大丈夫!なんでも出張買取のecocoloにお任せください。

ノーブランド家具の買取もしています

他社でイケアやニトリの家具を買取してもらおうと思ったのに買取を断られたというお客様。ecocoloはイケア、ニトリ等のノーブランド家具の買取も積極的に行っています!買取をあきらめる前にぜひ一度ecocoloにご連絡ください。

ノーブランド家具の買取価格も一部専用ページに記載してありますのでお時間のある方は参考程度にご覧ください。

ノーブランド家具の買取についての注意事項

ノーブランド家具1点のみで買取価格が5000円以下の買取は出張買取不可になっております。あらかじめご了承ください。

ヴィンテージ家具の買取をしたお客様の声

ヴィンテージのソファを買取希望のお客様の声

数年前に奮発して購入したソファを使わなくなり、処分に困っていたところ、エココロさんで買取に応じてくれました。ヴィンテージ品なので古さはありましたが、細かい所のこだわりや素材の良さをしっかり見てもらえて助かりました。

引越しでなんでも出張買取をご利用のお客様の声

複数社見積もりをして買取価格が高かったのでこちらのリサイクルショップを利用することにしました。引越しの予定があったのですが、ダイニングテーブルなど大きな物を運び出すのも全てやってもらって、すんなりお部屋が片付きました。ヴィンテージ家具の取り扱いもあって、中には高価な買取になった物があり引越し代の足しになりました。

ヴィンテージ家具の買取事例

北欧家具

【品目】【年代】【素材】【買取価格(事例)】
サイドボード1960年代頃チーク材292,000
ソファ1950年代頃不明251,000
キャビネット不明チーク材81,400
ダイニングテーブル1960年代頃不明78,100
スモールキャビネット1960年代前後不明73,000
チェア1955年不明62,500

イギリス家具

【品目】【年代】【素材】【買取価格(事例)】
ロングサイドボード不明チーク材141,500
ダイニングテーブル1950年代頃不明104,300
ワイドチェスト1960〜1970年代不明38,500
キャビネット不明不明26,300
ネストテーブル不明無垢材25,600
チェア不明不明15,800

アメリカ(USA)家具

【品目】【年代】【素材】【買取価格(事例)】
デスク1960年代~1970年代無垢材72,100
コントラクトベース テーブル不明不明23,300
ウィッカーシェルフ不明不明19,800
ラウンジソファ不明不明15,200
ソファ1930〜70年代不明14,500
デスク推定1960年代不明9,680

国内家具

【品目】【年代】【素材】【買取価格(事例)】
ライティングビューロー1980年代樺桜無垢材19,500
キャビネット不明不明19,400
バタフライスツール不明不明10,900
サイドボード不明不明4,300

お引越しのお客様へ

ecocoloをお引越しでご利用になられるお客様へ。ヴィンテージ家具の買取をご希望の方の多くはお引越しのご予定があるお客様です。ecocoloのなんでも買取でも家庭ごみや欠損・劣化が著しく激しい家具など、買取ができない品がございます。お引越しのお客様はお部屋の中のものをすべて処分しなければならない場合が多いかとは思いますが、その場合有料でのお引き取りのサービスで買取・回収を同時に行うことができるのでぜひecocoloをご利用ください。

ecocoloはなんでも出張買取のリサイクルショップだから、買取で引っ越し費用が浮くのはもちろん、買取できないものも、単品価格で見ても不用品回収業で回収するよりも安く回収することができます。

ecocoloを利用しながら引っ越しをさらに安く済ませる方法

ecocoloはお電話で買取査定することができるので、残念ながら買取ができない品に関しては有料回収の対象になります。ご予算の厳しい方、なるべく安く引越しを済ませたい方、お時間に余裕のある方はご自身で処分されるという方法もございます。

例えば消耗日用品や書類、分解できそうな小型のノーブランド家具は小さくまとめて分別し、家庭ごみに出し、大型家具・大型家電は行政や家電ショップに引き取ってもらうことで有料回収費用が安くなります。

まずはお気軽にご相談ください